RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< これ、制作途中なんで・・・ | main | 辺境ツアー1軒目・峠茶屋〜ふれあい源流うどん〜 >>
たなか3
0
    ふふふ、もう、絶対おいしいに決まってるよこの麺。ツヤ肌でとても美人なのだ。私は筋肉ムキムキ系のがっしりマッチョ君より、たおやかで凛とした美人のお姉さんの方が好みなのである。

    やっぱりまずはぶっかけから、ズルズルズルッと。

    おおっ、こりゃ抜群! 軽やかでのびやかでしっとりしている。非常によくできた麺ですなぁ。うまいうまい。別府さんもうんうん、とうなずきながら3杯平らげている。
    平らげた丼

    大将「どうですか? 最近、麺の加水率(※どこかで説明)を上げたんですよ。粉も変えて」
    別「いや、よくできてますよ。おいしいです。粉は○○(銘柄)ですか。いい粉使ってますねー」
    大将「実はこれまでは関西の製粉会社の〜を使ってたんですが、どうも品質の安定が・・・・・・」

    (粉と配合についてのマニアックな話が延々続くため中略)

    大将「で、現在はこの粉でこの加水率で、こういう延ばし方でやってるんですよ」
    別「それは挑戦的な!」
    大将「ただこの麺、すぐに味が変わるので茹でおきが全くできないんです。お客さんをお待たせしちゃうことが多いからほんと申し訳なくって」

    大将は日々、実験と調査をくり返して今の麺にたどり着いたが、まだまだ進化の途中だと言う。ほんでもって麺について語りだすと止まらない。ほとばしる情熱ってやつである。

    隣でちんぷんかんぷんながらも聞いていると、うどん屋のおやじ(といっても結構若い)じゃなくて、理系の研究者かと思えてきた。そのうち冷水で茹でられる麺とか、生きた魚みたいに口の中で暴れまくる麺とか作り出しそうな勢いではないか。
    どうりで研究肌どうし、別府さんとも息がぴったりである。


    そんな二人を横目で見ながらカレーうどんをすすってみた。オリジナルスパイスとうたうだけあり何か経験のない風味がふわっと漂う。ちょっとクセになりそうな味だ。
    でもそれよりも大将の話を聞いたあとだったので、「そんな綿密に計算されて作られた苦労の結晶を、私ってば数分時間がたって伸びたころに口にしちゃったのね」という自責の念にさいなまれる。

    うまいうどんは、もたもたせずに出来立てを食べなきゃいかん! に尽きる。
    | 京都でさぬきうどん | 17:47 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.uratani.info/trackback/196253
    『UDON』舞台挨拶決定!!
    皆さまこんにちは。連日暑い日が続きますが、お身体など壊されてませんでしょうか?8月26日公開の『UDON』ファンの皆さま、大変お待たせいたしました!!9月2日(土)『UDON』初回上映前に京都の劇団・ヨーロッパ企画所属で本作出演の永野宗典さん、本多力
    | 映画館の中 | 2006/08/06 1:57 AM |