RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< ほんのり雅な滋賀ツアー2軒目・讃岐ノ助 | main | 外見にひるむな!・二八うどんぴすぷ(R) >>
ほんのり雅な滋賀ツアー3軒目・めんめんたなか
0
    讃岐ノ助の次に行った店と、その次に行った店は別府さんと相談の上、書かないことになった。

    う「私、5軒目もダメかもしれません〜。今までの4軒全部、1杯の量がそこそこあったでしょう? もうおなかがパンパンで」
    別「何を食べてもおいしく感じそうにないですか」
    う「ええ、確実に。もううどんを見たくない・・・・・・」
    別「大丈夫。おいしいうどんは、おなかがいっぱいでも食べられるものです。逆に、食べているうちにどんどんおなかがすいてくる感覚に見舞われるときもあります。私はそういううどんを『おなかがすくうどん』と呼んでいます」
    う「何言っているのか、さっぱりわかりませーん」

    谷口(妻)「どうやら浦谷さんもヘバってきてるようやし、次で最後にしましょか。実は今日一番のおすすめが次の店なんよ。雰囲気もうどんも、私はすごい好き」


    めんめんたなか外観車は東近江市に入っていた。近江商人発祥の地と言われる五個荘は風情のある町並みで、白壁に土蔵、それから掘割には錦鯉が泳いでいたりして、ちょっとした観光気分を味わえる。

    う「いや〜、滋賀にこんなところがあったんや。私知りませんでした」
    別「きれいな町ですねぇ。ちょっと車を降りて散策したいところです」
    う「ほんまですね。もう今日はうどんを終わりにしちゃって、のんびり散歩でもしましょうよ」
    谷口(夫)「着きました。ここですわ」
    う「へっ? こ、これがうどん屋なんですか??」
    谷口(妻)「いいやろー、ここ」

    なんちゅう趣のある建物だろうか! 
    茅葺屋根、鹿(しし)おどしの音が響く純和風の庭に年代物の農機具や手水鉢。時間の流れを止めるかのようなその佇まい。

    う「はい、紹介することに決定!」
    別「こらこら、まだ食べてませんよ」



    店に入ると、夕方の中途半端な時間だったせいか他にお客さんはいなかった。
    大将「いらっしゃいませ」
    これまた雰囲気のある、低い静かな声で大将が出迎えてくれる。畳敷きの広い部屋で庭を眺めながらお茶をいただいているだけで、ものすごく和んできた。
    う「もうここで寝たくなってきました。絶対紹介しましょう」
    別「いや、だからまだ早いですってば」

    めんめんたなかのざるうどんメニューにはうどんと蕎麦が両方あり、どちらも手ごね打ちうどん、手ごね打ち蕎麦と書かれている。「めんめんたなか」の「めんめん」は、うどんと蕎麦を意味するらしい。ざるうどん(650円)を注文したら、一輪挿しの箸置きに小花が添えられて風流なつやつやうどんがお出ましになった。

    う「これはこれは。なんででしょう、あんなに苦しかったのにどんどん食べられます〜」
    別「ほらね? おいしいうどんはいくらでも食べられるんです」


    まるで2日酔いの朝の迎え酒の気分である。さっきまでの全身疲労と倦怠感はどこへやら、ムクムクと元気が戻ってきた。
    うどんのつけダシとしては少々変わった、しいたけ風味の甘めの味付けが胃に染みわたる。

    う「う、うまいです〜ぅ」


    大将「うちのダシ、変わってますか? うどんにも蕎麦にも合うようにしてあるんですが」
    う「ああ、それで! いや、この雰囲気の中で食べるにはぴったりの味です。しかし素晴らしい建物ですね」
    大将「築200年以上の保存物件に指定されている住宅なんです。もともと近所に住んでいたので、絶対にここで店をやりたい! と思って管理人に立候補したんです」
    う「え、管理人さんなんですか?」

    大将「ええ、だから家賃はタダなんですが、維持管理は相当大変で」

    ずっと飲食業を経営してきた大将は、焼肉屋をBSEの影響で閉店してから香川に麺打ちを習いに行き、念願の地元でこの店をオープンしたそうな。
    地道にコツコツとおいしいものを作ろうとしている姿勢がストレートに料理にも出ていて、小さな心配りが行き届いている。ほっと落ち着ける、気持ちのよい店である。

    う「でも特にさぬきうどんは意識していないみたいですね」
    別「そうですね、全体に溢れるたおやかさはやはり滋賀だからこそですかね。でもまぁ、ほんのり雅な滋賀ツアーの締めくくりですから、このお店しかないでしょう」

    | 滋賀でさぬきうどん | 10:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    よく拝見しております
    お店の住所、電話、営業時間、定休日を書いていただければ
    と思います
    よろしくお願いします
    | ぼうしのおっさん | 2006/08/08 6:02 PM |

    ご意見ありがとうございます。
    実は、今のところデータの公開を控えています。
    (営業時間などは結構頻繁に変わるので、管理も大変ですし^^;)

    本が発売される際には、イラストやデータも掲載した状態になります。
    それまで何卒ご了承ください。
    そして買ってやって下さるととってもうれしいです♪

    | 浦谷さおり | 2006/08/08 10:47 PM |










    http://blog.uratani.info/trackback/321174