RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< 外見にひるむな!・二八うどんぴすぷ(R) | main | 元祖ちく玉天ぶっかけ・釜たけうどん >>
目からウロコのさぬき直系細麺・うどん棒
0
    別「浦谷さんは、香川にある『うどん棒本店』という店を知っていますか?」
    う「マップを描いたことはあるけど行ったことないです」
    別「そりゃまた、イラストレーターですねぇ(笑)じゃあ食べたことはないんですね。今から行く店は、そこの息子さんがやっている店なんです。本店とほぼ同じ麺が食べられるんですが、ちょっと驚いてもらえると思いますよ
    う「ほほーぅ。そいつは楽しみです」


    うどん棒の生じょう油うどん別「こんにちは〜」
    大将「あっ、毎度! いらっしゃいませー!」
    ※イラスト:大将

    ちょっぴり甘いマスクのイケメン大将が元気に出迎えてくれる。
    ひとしきり別府さんと大将が最近のうどん屋事情について話した後、言われるがままにおすすめの生じょう油うどん(450円)と細切りざるうどん(550円)、穴子入りいなり寿司(300円)を注文した。

    ゆであがるのをしばし待って運ばれてきたうどんはツヤツヤピカピカ、そして・・・・・・。
    う「えっ、何これ、めちゃくちゃ細いですやん! ほんまに香川の本店と同じ麺なんですか?」
    別「あはは、期待どおりに驚いてくれましたね(笑)そうなんです、さぬきうどんというと太い麺ばかりクローズアップされがちなんですが、こういう麺もあるんですよ

    細くてもちゃんとコシがあって、瑞々しいのびやかさ。麺に水分が多い気がする。ものすごく食べやすい。

    うどん棒の細切りざるうどんう「うわぁ、おいし〜い! なんか意外ですけど、これもさぬきうどんなんですねぇ」
    別「ここのはね、ある意味特別なんです。普通はこれだけのびやかな麺だと、多加水麺(たかすいめん)といって製麺時に水を多く配合しているはずなんですが、うどん棒の麺は多加水じゃないんですよ」
    う「どういうことですか?」
    別「それが、よくわからないんですよね」
    う「はい?」
    別「大将に聞いてみてください」

    大将「ははは。よく聞かれるんですけどね、僕にもよくわからないんですよ。小さい頃からうどんはこういう風に打つんだって教えられて、その通りやっているだけで。どうしてこういう麺になるのかなんて考えたこともなかったから。配合的に言うと多加水じゃないみたいですね」

    なめらかでのびやかな麺を作る多加水は最近のブームみたいなもので、昔の香川ではそんな打ち方をする店はなかったらしい。ということは、大将の作る麺は親父さんから受け継いだマジックみたいなものか。ついでに言うといなり寿司も穴子の風味がふんわり漂ってたまらなくウマイのだ。

    定休日の日曜になると香川の本店を手伝いに帰っているという大将の“DNAで打つうどん”、超有名店『梅田はがくれ』のそばだけに見落としがちだが、大阪のド真ん中で食べられるのはとってもシアワセなのである。
    ※お客さんが作ってくれたうどん棒キャラ

    | 大阪でさぬきうどん | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    う〜、わからん。こないだ食べたカレーうどんは密度濃くて
    みっちりって感じでしたよ。粉の関係なのかなぁ。
    | ひろぴぃ | 2006/09/14 8:23 PM |

    おや、そうでしたか(@0@)
    そんな日もあるんですね。
    メニューによって麺を変えてることはないだろうし・・・。
    うどんは難しいですねぇ。
    | 浦谷さおり | 2006/09/14 8:58 PM |










    http://blog.uratani.info/trackback/353807