RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< 中津の若き雌雄(雌の方)・たけうちうどん店 | main | ほのぼのあったか味・かどっこ >>
四天王寺の風景とともに・志のん(しのん)
0
    天王寺駅から聖徳太子が建立した日本最古の官寺、四天王寺の参道へ向かって谷町筋をてくてく歩く。四天王寺でお大師さんなどの行事がある日には狭い歩道沿いに露店が並んで、ちょっとした縁日気分が味わえるお得なエリア。

    志のんの外観う「しかしほんま、このあたりはいつ来ても人であふれてますねぇ。まっすぐ歩けん」
    別「なんとなく楽しいですよね、仏教系のグッズを売っている店がやたらと多かったり」
    う「これを買って何に使うのか? というモノがいっぱい見つかる」
    別「そして、植物の種や苗にはこんなにも需要があったのか? と目を疑うほど混んでいる、木造の大きな種苗店を過ぎると『志のん』に着きます(笑)」


    志のんのかけうどん香川の丸亀にある『凡蔵』で修行したお兄ちゃんと、その弟の2人で切り盛りしている『志のん』。若い兄弟がこの場所でうどん屋を始めたというのがまず面白い。
    う「もうここを歩いているだけで気分的にあったかいうどんなんですけど」
    別「惑わされてはいけません。『凡蔵』で修行したということですから、ぶっかけか醤油でいきましょう」
    う「ええー、横暴だー!」

    そんなわけで『半たま天ぶっかけうどん(580円)』『醤油うどん(450円)』『かけうどん(380円)』と3つ注文することでなんとか決着がついた。ここの『ぶっかけうどん』と『醤油うどん』には黙っていてもちくわ天が乗ってくるので、『半たま天ぶっかけ』は要するに『ちく玉天ぶっかけ』と同じ状態になる。

    志のんの半たま天ぶっかけう「ここのちくわ天は丸いままなんですね」
    別「切り目を入れてちくわを開いてからてんぷらにする店が多いのはなぜだか知っていますか?」
    う「理由があるんですか」
    別「食べてみてどうですか、開いたちくわ天と何か違いませんか?」
    う「このちくわ天はちょっと甘いというか、極端に言うとアメリカンドッグみたいな感じで私は好きです」
    別「その通りです。ちくわを開かずに丸いままてんぷらにすると、筒状の内部に粉が入り込むので少しスナックっぽくなります。開いて揚げるとちくわそのものの味がより強調されるんです」
    う「おおっ、正解した! なんかうれしいっす、プロフェッサー!」
    別「はい、よかったですね」


    志のんの醤油うどん冷たい麺は表面がなめらかで、かつ粉の力を感じるしっかりした食感。ところが『かけうどん』になると、じんわり染みるかけダシにやわらかめの食感の麺が出てくる。

    お兄ちゃん「場所柄、お年寄りのお客さんが多いから、やっぱり『きつねうどん』や『てんぷらうどん』に人気があります」
    別「それで温かいうどんは少しやわらかめに仕上げてるんですね」
    お兄ちゃん「僕個人としては冷たい麺が好きやから、オススメするんやったら冷たい方ですかね」
    セルフのおでんが店の中央に置いてあり、『凡蔵』のシンプルなメニューを踏襲した上でオリジナルを加えている。きっちりさぬきうどんらしさを保ちながらも、四天王寺界隈らしい地場感もあるいい具合のバランスで、今日も『志のん』は参拝客でにぎわっているのである。


    | 大阪でさぬきうどん | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.uratani.info/trackback/369450