RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< 孤高のセルフで絶品ひやかけ・いわしや | main | 三宮の名店・すずめ >>
独学で切り開くトクオカワールド・麦きりトクオカ
0
    トクオカの外観別「『ちょっとお茶でも飲もうか』って入ってしまう人、絶対いますよね。ここ」
    う「で、内装もばっちりカフェなのに、いざメニューを見たらうどんしかない」
    別「そしたら『おやつ代わりにかけうどんでも』となります」
    う「なるかい!」
    別「香川ならごく普通なんですがねぇ。喫茶店でうどん」
    う「いや、だからここ、喫茶店じゃないですやん。話がごちゃごちゃになってますよ(笑)」
    別「もともとはカフェだったんじゃないかと私は踏んでるんですが」

    JR土山駅を降りて昔から変わらぬ町並みを抜け、これまたずっと前からちっとも変わっていない市場の真向かい。周りの景色からすると異様に垢抜けた店、それが『トクオカ』である。


    う「なんで昔から変わっていないことがわかるかというとですね、私の実家とそれほど離れていないからです」
    別「じゃあトクオカは知っていたんですか」
    う「めっそうもない! ずいぶん前に姫路から出ちゃいましたし、第一こんなところにこんなカフェーなうどん屋があるなんて夢にも思うもんですか
    別「地元の人の方が余計にそう思うのかもしれませんねぇ」
    う「驚愕に値するカルチャーショックです」


    トクオカのきつねうどん結論から言うと、もともとカフェだったわけでもなんでもなく、ここは“ボス”とナイスなあだ名を持つ大将の西川さんの家だ。現在も同じ敷地内に住んでいる。

    ボス「母親の実家だったんですよ」
    う「そしたらなんでまた、こんなうどん屋らしからぬ造りにしたんですか」
    ボス「単に僕の趣味で(笑)」
    う「こういう趣味なんやったら、なんでカフェやらんかったんですか」
    ボス「単に僕がうどん屋やりたかったんで(笑)」
    別「浦谷さん、よっぽど納得がいかないようですね」

    だってこの立地でこの造りでうどん屋だなんて、冒険しまくりにもほどがある。それでもって更に驚くのは、ボスってばどこにも修行に行っていないらしいのだ。

    ボス「そば屋で修行してたんですよ。そこの師匠がさぬきうどんめぐりが趣味で、師匠が読んでた『恐るべきさぬきうどん』を借りて僕もハマっちゃったんです
    う「それでうどん屋に?」
    ボス「そう、そば屋の師匠はうどんも打てたんですよ。それで師匠の打ち方と、本で読んださぬきうどんの打ち方を混ぜて独学で」
    う「そんなのってアリ? びっくりするわ」
    別「『恐るべきさぬきうどん』を読んでハマったといううどん屋さんは確かに多いですが」
    別府さんが『恐るべき〜』に登場する別Pさんであることや、麺通団の京都支部長であることをボスに教えたらものすごく感激していた。ほんまにファンらしい。


    トクオカのひやひやとかしわ天正直ここまでの話からすると、うどんの味自体はそれほど期待できないように思われるだろう。しかしボスの暴走は留まることを知らない。挑戦的とすら言えるすごいうどんを出すのだ。

    う「なんやこの見事ないりこダシは! どないなっとんや」

    さらっとしたいりこダシは冷たくても熱くても極上の風味。細めのなめらかな絹を思わせる麺は噛むほどしっかりと押し返してくる。
    これが独学だなんて誰が信じるものか。

    別「才能さえあれば技術は後からついてくるもんなんですかねぇ。感服します」
    う「この地で5年、ボスのやりたいことを全て受け入れ、定着させている地域の方々にも感服します」



    | 兵庫でさぬきうどん | 20:01 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
    おっ。とうとう行きましたねー。
    うどん屋とは思えないでしょう?
    昔、うどんのノボリすら出してなかった頃に初めて行った時、入口からそっと店の中を覗くと、カウンターの上に「恐るべきさぬきうどん」が並べてありました。
    それを見て、「あ、やっぱりうどん屋や。」と店に入る勇気ができましたからねぇ。
    | じょー@神戸 | 2006/10/17 2:53 AM |

    あの立地は個人的にほんまにショッキングでした。

    見た目のオシャレ度は、今回めぐったうどん屋の中で
    ダントツNo.1ではないかと。。。
    入り口からそっと覗くじょーさんの姿を想像してしまいました(笑)
    | 浦谷さおり | 2006/10/17 4:09 PM |

    いつも楽しく読ませていただきております。

    わたしも先日「麦きりトクオカ」に行ってまいりました。

    書かれたとおりの「入りにくいお店」、なんかの間違いやったらどーしよ、と家族4人入り口でしばし固まっておりました。あちこちのブログで書かれていなければドアを開ける勇気が出ませんでした。

    救いは、愛想の良い店員さんですね。




    | border | 2006/10/20 12:49 AM |

    borderさん>
    はじめまして。
    イマドキ女子としては(笑)トクオカは、とても入りやすい(入りたくなる)外観ですね。
    ちなみにお店にいてはる笑顔の素敵な女の人は奥様ではないそうです。。。
    | 浦谷さおり | 2006/10/20 1:44 PM |










    http://blog.uratani.info/trackback/381254
    麦きり・トクオカ/兵庫のうどん(明石・魚住)
    晩飯どーする? うどんにしよか。で、どこに行く?加西までは遠いで。今から出ても店閉まってしまうかも。このまえ行った○亀製麺は子供らも気に入ってたで。 丸○製麺もええけど、ぢつは一軒気になってる店があんねん、どう? とゆー会話があって、明石の西端に
    | お題目だけで人は救われるか | 2006/10/20 12:50 AM |