RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< 坂をのぼると猫が招く・讃々(さんさん) | main | 今のところ >>
尼崎で気炎をあげる・はるしん
0

    はるしんの外観別「JR尼崎の駅近くでこの麺が食べられるなんて、ちょっとすごいでしょう」
    う「おや、これはこれは。久々の強面屈強麺じゃないですか!」

    コワモテクッキョウメン、である。
    小麦粉の存在感がずっしりコワモテな太麺は、いかにもクッキョウそうなのだ。ツヤはあっても「俺っちは硬派なんだぜ!」と言い切っている。

    別「硬派な人が“俺っち”とか“なんだぜ”とは言わないと思いますが」
    う「ツッコミ上手やなぁ、もう」
    もとい、「硬派な俺様に、皆の者ついて来い!」と言っている。
    別「・・・・・・もういいです、それで」
    う「あ、微妙でした? わはは」
    つまらんやり取りはこの辺で置いといて、この太さ、ムッチリとした切れ具合、かなり根性が入った麺だ。


    はるしんの生醤油大将のハルさんは会社員時代に香川で働いていたことがあり、関西に戻ってきてからこっちのうどんが食べられなくなってしまったらしい。
    55歳で脱サラした後、ほぼ自己流で“尼崎でも受け入れられるさぬきうどんの味”を追い求め、この入魂麺に関西風アレンジを加えたダシを合わせることにしたのだそうだ。

    ハルさん「麺のコシは釜揚げでわかるんですわ。そやから、釜揚げが旨くない店はあかん。氷水で冷やしたら大抵の麺は固くなってコシがあるように思えるけど、それは違うんです」
    別「釜揚げをメインに考えて作った麺だったのですね。なるほど」
    ハルさん「尼崎はさぬきうどんの店が少ないこともあって、まだまだ食べ方を知らへん人が多いから、まずはみんなにこの麺のおいしさを知ってもらわんとあかんのです」

    はるしんの冷たいきつね
    2玉まで同料金なのは、そんな理由からなのだそうだ。店のオフィシャルサイトではダシをとった後の昆布を使った『はるしん特製味付け昆布の作り方』というコーナーがあり、煮物にも使える『本返し』のレシピまで公開している。

    本当に兵庫は面白い。街中でなくても、いや逆に街中でない方が、個性的なうどんに出会える確率が高い。自分がどんなうどんが好みなのか見定めるための食べ歩きをするなら、関西では兵庫が最適じゃないかと思う。

    別「同じタイプのうどんが続くことがまずないので、1日で意外と軒数をこなせます(笑)」

    ※イラスト:別府さん直伝、釜揚げの食べ方



    | 兵庫でさぬきうどん | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.uratani.info/trackback/383872