RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< 和風庭園を愛でながら・喜楽庵(きらくあん) | main | めっちゃ熱いぞカリカリてんぷら・初次郎(はつじろう) >>
大阪ベッドタウンの心意気・伊賀(いが)
0
    伊賀の外観
    次は近鉄生駒駅を降りてすぐ、生駒ケーブルへの連絡ビルにある『伊賀』へ。

    う「めちゃくちゃメニュー多いなぁ、わけがわからんくらい」
    別「場所柄か、セットメニューのバリエーションがすごいですね」
    谷口(妻)「どうしよう、こんなん迷ってまうわ」
    谷口(夫)「う〜ん、困った」




    伊賀の蒸し鶏の胡麻だれぶっかけうどんせっかく人数が多いのだからバランス良く違うものを頼みたいところだが、“本日のおすすめ”やら“サービスセット”、“店長おすすめの一品”、セットによっては麺が冷と温から選べたりして、どれがいいのかさっぱり判定がつかない。入り口の前で立ち尽くす5人であった。

    う「どうでもええことですけど、ここでアルバイトしたら覚えるまでが大変でしょうね」
    谷口(妻)「うん、きっと初日は半泣きやわ(笑)」

    大阪の『三ツ島更科』に引けを取らないメニュー数である。統率を取るのはあきらめ、おのおの食べたいものを頼むことにして店に入った。


    伊賀の三食ぶっかけうどんたっぷりと時間をかけて私が選んだ『三食ぶっかけうどん(880円)』は、3パターン(えび天、山かけ、なめこおろし/日によって変更あり)の小さなうどんがセットになっている。えび天うどんを温かいダシのやつにしてもらったので、ひとりでいろんな味を楽しみたい欲張りさんにはもってこいのメニューだ。

    別「今どき“欲張りさんにはもってこい”って、懐かしい響きですよね」
    う「私も自分自身に赤面中なんですからツッコまんといてください」

    気を取り直して、右端の『なめこおろし』から順に食べてみた。
    う「あっ! これはなんと! こんなところでこの麺とは!」
    別「ふむ。ちょっと細め、ニュルニュルグニュグニュとなめらかに口の中を滑っていく」
    う「ここのところご無沙汰だったこの食感、大阪洗練麺ではないですか!」

    ムニュムニュモニモニしているうちに、さらっと平らげられてしまう。冷たいのがよく似合う、しなやかコシの麺だ。
    別「奈良は大阪への通勤圏内ですし、ベッドタウンの役割も果たしていますから、大阪文化の影響をいち早く受けるのかもしれません」

    伊賀のきつねうどん大将の伊賀さんは大阪本町に古くからある有名食堂『味万(あじまん)』で長い間勤めていたのだそうな。うどんが好きで好きで、手打ちうどんの店をやりたくて始めたのがこの店。

    別「たしか『味万』は大阪うどんだったはずですが、ここはさぬきですね」
    大将「いや、特にさぬきにこだわってるわけじゃないんですよ。手打ちで、注文後に麺をゆで始めるというだけで」
    う「さぬきうどんの本で紹介してもよござんすか」
    大将「はぁ、よござんす」



    | 奈良でさぬきうどん | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.uratani.info/trackback/397230