RECOMMEND
ふらっとひとり旅
ふらっとひとり旅 (JUGEMレビュー »)
毎日新聞女性記者58名
2009年6月発売!毎日新聞で連載されていた旅の記事に、浦谷がイラストをつけました♪
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

イラスト:浦谷さおり
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

関西極楽さぬきうどん

関西のおいしいさぬきうどん屋めぐり
<< 大阪ベッドタウンの心意気・伊賀(いが) | main | 伝統の都で異彩を放つ新星・山元麺蔵(やまもとめんぞう >>
めっちゃ熱いぞカリカリてんぷら・初次郎(はつじろう)
0

    初次郎の外観奈良駅から1dayチケットの使えるバスに乗り、大安寺のバス停から数分歩く。今日めぐった中では一番わかりにくい立地、細い路地を入ったところに店はあった。
    夕方の中途半端な時間だからか、店の入り口でガタイのいいスキンヘッドの親父がのんびりとバイクの手入れをしている。

    「ああ、いらっしゃい」

    渋い顔でつぶやき、バイクはそのままに、手を拭きながら店の中へ入っていってしまった。

    う「やっぱり、あれが大将ですか」
    別「男らしくてかっこいいですよね」
    う「ええ、ちょっとドスの利いた感じがなんとも」
    別「ニックネームは“やっさん”だそうですよ」
    う「・・・・・・笑うとこ? ここ」
    別「はい、笑うとこです(笑)」

    店に足を踏み入れると、さきほどの大将より数段若くて、同じようにガタイのいいスキンヘッドのお兄さんが出てきた。
    う「・・・・・・360度どこから見ても、あきらかに親子ですね」
    別「似すぎです(笑)」


    初次郎のぶっかけうどん2軒目の『伊賀』と同様、ものすごくメニュー数が多い。カウンターに沿ってずらっと一面にメニューが書かれていて、読むだけでもひと苦労である。

    う「んん? ぶっかけうどんが1300円!?」
    別「温ぶっかけうどんは650円と書かれていますから、不思議な値段設定ですね。いったい何がトッピングされているんでしょう」

    そういったメニューは頼まずにおれない別府さんが『ぶっかけうどん』、私は『冷や天おろし(900円)』にした。客が私たちしかいなかったからか、麺をゆでている待ち時間に大将が声をかけてくれる。

    大将「おたくら、どこから来はったんや」
    雀「大阪と京都と、え〜と私は出身が香川なんやけど」
    大将「香川かいな! 香川のいろんな店で働いてたから、よく知ってるで」
    雀「そうなんですか! なんていう店?」

    雀さんは持ち前の軽やかなトークで、こんな風にどこのうどん屋ともすぐ仲良くなってしまう。大将も最初の印象と違ってずいぶん達者な語り口で、後で聞いたら初めて来たお客さんにはすぐに話しかけるようだった。私たち残りの4人はご両人のテンポよい会話のキャッチボールに「ほお〜」とか「へえ〜」とか相槌を打ちながらうどんを待つ。

    話の内容からすると、大将がスキンヘッドなのは髪の毛がうどんに入るのが許せないからだそうだ。一緒にバイクでツーリングに行くという息子もその理由でスキンヘッドなのだとしたら、こんな衛生的なうどん屋はなかなか他にない。


    初次郎の冷や天おろし揚げたてすぎるくらい揚げたてのえび天を乗せて『冷や天おろし』がやってきた。
    なんと、ダシに浸かってジュージューと音を立てているではないか!
    この音、鼻腔をくすぐるこの匂い。
    こりゃたまらん!


    谷口(妻)「うわっ、それすごいねぇ!」
    う「こんな音のするうどんは初めて見ました! すんごい熱そうなんですけど」
    別「私のぶっかけにも思いっきりてんぷらが乗ってます。さらに大きな音を立ててますよ(笑)」

    カッリカリに揚がったてんぷらはものすごいインパクトを放っていて、激烈に旨い。いっぱいメニューがあるが、せめてひとつはてんぷら系を頼むべきだと思われる。
    麺は少々細めでなめらか、筋が通っていながら絶妙のやわらかさに仕上がっている。他に『生じょうゆうどん(600円)』や『にしん甘露煮うどん(850円)』なんかを頼んだのだが、全てにネギが大量にかかっていた。

    別「さすが奈良の有名店、麺の内部はしっかりした歯応えなのに口当たりをやわらかく、うまく調整してありますね」
    雀「これやったらさぬきうどんに慣れてない人でも抵抗なく食べられそうやわな」
    う「さぬきうどんとしても抜群です」



    | 奈良でさぬきうどん | 14:04 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
    でましたね〜、初次郎。
    それにしても、みなさんリッチですねぇ。
    私は、野菜天うどんか温ぶっかけを食べることが多いです。
    紹介されているお店、いろいろ行ってみたいと思います。
    | のり | 2006/11/08 10:26 PM |

    リッチなわけでは決してないですよ〜(笑)
    紹介している他にもおいしい店、
    発見したらぜひ教えてください!
    | 浦谷さおり | 2006/11/17 9:21 PM |










    http://blog.uratani.info/trackback/397905
    てんぷらの食べはじめ
    お寿司や刺身、すき焼きなどとともに、日本を代表する食べ物が「てんぷら」ですね。和食には欠かせない調理法です。いつ頃から食べられるようになったのでしょう?もともと、日本では油を使う調理は少なかったはずです。てんぷらの語源も気になりますね。やまと言葉では
    | 雑学大全 〜出張版〜 | 2007/04/09 8:16 AM |